『モノノメ 創刊号』はこんな雑誌です

いまのインターネットは「速すぎる」。速すぎる情報の消費速度に抗って、 少し立ち止まって、ゆっくりと情報を咀嚼して消化できるインターネットの使い方を考えてみたい。いま必要なのは、もっと「遅い」インターネットだ──。 こうしてはじまった「遅いインターネット」計画。この1年、僕たちは あたらしいウェブマガジンの運営と、タイムラインの潮目に流されない豊かな「発信」のちからを養うワークショップを継続してきました。 そして、2021年。この運動の次のステップとしてあたらしい「紙の」雑誌を創刊します。

雑誌の名前は「モノノメ」にしました。

由来は春の季語の「物の芽」で、いろいろな植物の芽の総称です。そしてそこに「ものの目」という意味も込めました。僕たちはいま、人の目のネットワークの中に閉じ込められているところがあるので、別の目で世界を観てみたい。そんな思いを込めています。

コンセプトは「検索では届かない」。タイムラインの潮目を一切無視した、ほんとうの意味でのインディペンデント・マガジンを目指します。 誰かが設定した問いに大喜利的に応える今日の言論状況とは真逆に、自分たちが問いを立てること、そして「……ではない」ではなく「……である」という言葉で語ることをルールに紙の雑誌を再起動します。SNSで既にシェアされている話題にどう反応するとたくさん座布団がもらえるかばかり考えている人は呼ばない。セールス的に問題がなければ(もしくは十分に広告が取れれば)Amazonには置かない。大手書店チェーンにも(たぶん)置かない。インターネットの直接販売と、このコンセプトを理解してくれる施設でのみ販売します。初版は絞って5000部くらい。基本的には増刷しない。そしてこの5000部をほんとうに届けたい5000人にしっかりと届ける。ただ売って終わりにしない。そのあと読者と一緒に考え続ける。そんな雑誌を新創刊します。うまくいけば、定期刊行にしたいと考えています(4ヶ月~半年に1回の頻度を考えています)。

いま、この国はカビの生えた権威に媚びて席をもらうか、アテンション・ エコノミーに乗っかって空疎なパフォーマンスをやり遂げないと、ものを表現することが難しくなっています。けれども、それではどんどん世界は貧しく、つまらなくなっていく。この小さな雑誌が、本当に価値を生んでいる人たちがちゃんとした手続きで読者に出会えるような、そんな場になればいいと思っています。しばらく、粘り強く続けるつもりです。よろしくお付き合いください。

※本誌は2021年7月12日より行われた創刊に向けたクラウドファンディングで1129名もの皆様に支援をいただき、目標の500%を超える金額を集めることができました。この場を借りてお礼を申し上げます。※

 

『モノノメ 創刊号』を手に入れるには

本誌はほんとうに届けたい人にしっかりと届けることを目指しているため、Amazonや(ほとんどの)大手書店チェーンでは取り扱いがありません。
現在購入できるのは、PLANETSが運営する公式オンラインストアのみになります。

公式オンラインストアでは、第1次販売として「『モノノメ 創刊号』が100倍おもしろくなる全ページ解説集」つき限定版も予約受付中です。47,000字にわたり、本誌のすべての企画の製作意図や取材の模様、さらにこぼれ話まで、たっぷりと宇野常寛が書き下ろしたスペシャルな解説集も合わせてお楽しみください。

書店での取扱については、後日ご案内します。

※本誌を取り扱いたい店舗担当者はコンタクトフォームよりお問い合わせください。なお、弊社の書籍はすべて直販(直取引商品)になります。また、カフェやイベントスペースなど書店以外の場所からの注文も承っております。

 

刊行記念イベント

【9/27(月)19:30〜 オンライン】
いま必要なのは、タイムラインの外側からの情報発信だ(Hikarie +PLANETS 渋谷セカンドステージ vo.24)|佐渡島庸平 × 広屋佑規 × 柳瀬博一 × 宇野常寛 ×たかまつなな

 

関連記事と動画

・毎平日更新中のポッドキャスト連動番組「遅いインターネットラジオ」内にて、宇野常寛が各記事を解説しています。
#モノノメ 創刊号を目次から読み解きます──高山都さんから川上弘美さんまで
震災から、10年目の東北道を走ってきました
石巻の松村豪太さん、気仙沼のやっちさんに聞いた、被災地のいま

宇野常寛のnoteにて、制作の裏話を公開しています。

・高山都さんのラジオ番組「高山都とコツコツの達人たち」に宇野常寛と『走るひと』編集長の上田唯人さんが出演し、本誌内のランニングフォトエッセイについて語りました。

『モノノメ 創刊号』目次

【執筆者一覧(五十音順)】
饗庭伸 / 東千茅 / 浅生鴨 / 安宅和人 / 磯辺陽介 / 猪子寿之 / 井庭崇 / 宇野常寛 / 岡島礼奈 / 沖本ゆか / 乙武洋匡 / 門脇耕三 / 川上弘美 / 菊池昌枝 / 鞍田崇 / 酒井康史 / 高山都 / 田中浩也 / 田中元子 / 福嶋亮大 / 藤井明香 / 古谷知華 / ぽむ企画 / 松田法子 / 丸若裕俊 / 最上和子 / 本瀬あゆみ / 柳瀬博一 / 渡邉康太郎

 

[紀行文]10年目の東北道を、走る

あの震災から10年、そろそろもう次のステージへと考えたくなるタイミングだからこそ、もう一度しっかりとあの土地たちを歩いてみたい。そう考えた僕(宇野)は、復興にかかわる二人の知人を訪ねて仙台へ、石巻へ、そして気仙沼へと足を伸ばしました。そこで出会ったうつくしい風景と、グロテスクなものたちについて、文章にまとめました。

 

[特集]「都市」の再設定

創刊号の特集は「都市」を選びました。僕たちが生きている間に都市について起こるたくさんの変化──メガシティへの人口集中化、気候変動により高まる災害リスク、そしてコロナ禍が後押しするデジタルトランスフォーメーション──など、人類がずっと使い続けてきた「都市」という環境が、いま大きな転換を迎えつつあります。
国内外で進行しているその不可避的な変化の中で、僕たちはどんなふうに空間の豊かさや多様性を活かした暮らし方を取り戻していけるのかを考えていきます。

[座談会]「都市」を再設定する──復興、防災、地方創生|饗庭伸×安宅和人×菊池昌枝×渡邉康太郎
[解説]「都市」を再設定するためのキーワード集|ぽむ企画
[論考]湧出東京──生きのびる土地|松田法子
[エッセイ]推しが山いっぱいに増えてくれたら死ぬ|東千茅
[特別企画]虫の眼、鳥の眼、猫の眼──人間外から都市を読む|柳瀬博一 (監修)
[対談]〈もの〉がうごめく都市をめぐって|酒井康史×田中浩也 
[妄想企画]「飲まない東京」プロジェクト2021
[インタビュー]「飲むこと」はもっと拡張できる──ノンアルコール・ドリンクを探訪する|古谷知華
[鼎談]大人のあそび場は「飲まない」ほうが楽しい|磯辺陽介×田中元子×藤井明香
[妄想計画]「飲まない東京カフェ」計画|本瀬あゆみ + PLANETS CLUB

 

[特別座談会]オルタナティブ・オリンピック・プロジェクト再考──TOKYO2020はどうあるべきだったか|宇野常寛×乙武洋匡×岡島礼奈×門脇耕三

コロナ禍がなければ、2020年に開催予定だった東京オリンピック・パラリンピック。
PLANETSでは、2015年に、進行する東京大会の「対案」を「オルタナティブ・オリンピック・プロジェクト」として発表しました。

開会式や競技中継の方法、パラリンピックとの融合の可能性、都市開発、文化施策など、今回の東京オリパラについて、「こんな企画ができたら面白いのでは?」というさまざまな提案を行ってきました。

当時、一緒に提案を考えてくれたチームメンバーの乙武洋匡さんと門脇耕三さん、そして宇宙を舞台としたエンターテインメントの可能性を追求する岡島礼奈さんを迎えて、当時の提案を再検討しながら、改めて今回の五輪で本当は何をなすべきだったのかを再考します。

 

[論考]福嶋亮大 世界文学の制作 序:小説における並行処理

文芸評論家の福嶋亮大さんによる、小説と文学の現代的な可能性を改めて考え直していく本格評論。その序論として「心」と「言葉」が交錯する場としての小説の表現特性を原理的に検討します。

 

[論考]鞍田崇 生きる意味の応答──民藝と〈ムジナの庭〉をめぐって

生活や就労に障害のある人々が心身のバランスを取り戻していく過程を支援するケア施設「ムジナの庭」。その取り組みへのコミットから得られた身体と環境をめぐる洞察と、近年注目される「民藝」に通底する点について、哲学者・鞍田崇さんが綴ります。

 

[論考]井庭崇 創造社会における創造の美:クリストファー・アレグザンダーと柳宗悦を手がかりとして

建築や芸術作品の制作から日常生活まで、さまざまな創造や行為に通底する普遍的な規則を抽出するパターン・ランゲージ研究の第一人者・井庭崇さんが、日本独自の生活工芸運動「民藝」の思想との関係性に迫ります。

 

[エッセイ]最上和子 身体というフロンティア

舞踏家の最上和子さんが、自らの身体との対話から得た発見をあえて言語に置き換えていく身体論エッセイ。外側への表現ではなく、内側に潜るスリリングな「読む舞踏」です。

 

[創作]浅生鴨 「穴」

作家・浅生鴨さんによる書き下ろし小説を掲載します。

 

[連載]沖本ゆか×丸若裕俊 もののものがたり #1 九谷焼の箸置き/朝日焼の湯吞

骨董の域に到達しそうな工芸品からジャンクな日用品まで、丸若裕俊さん(EN TEA代表)と沖本ゆかさんのコンビで、古今東西の「もの」の魅力を語り尽くす対談連載です。

 

[連載]おいしいものにはわけがある  #1 「たかまつ」の弁当

古今東西、「おいしいもの」にはさまざまなエピソードが絶えません。この連載では、PLANETS編集部が「おいしいもの」の裏側をこっそりご紹介します。

 

[連載]絵本のはなしはながくなる #1 川上弘美さんの選ぶ不可思議な日常に出会える本

毎回ひとり、「このひと」というひとを選んで、好きな絵本についてたっぷり話してもらう連載をはじめました。初回に登場するのは作家の川上弘美さん。選んだのはオランダの作家ハリエット・ヴァン・レークの『レナレナ』と、スウェーデンの作家ヨックム・ノードストリュームの「セーラーとペッカ」シリーズから第一作の『セーラーとペッカ、町へいく』です。

 

[連載]ひとりあそびの(おとなの)教科書 #1  世界の果てで、ウニモグを走らせる

宇野常寛と編集部がハマった、とっておきの「あそび」を紹介するフォトエッセイ。初回はドイツの多目的作業用車両「ウニモグ」のラジコンを走らせてみました。

 

[フォトエッセイ]高山都 走るひとり

誰かと競うためでも、記録や健康のためでもなく、ただ純粋に生きることとして「走る」。モデル・タレントの高山都さんが、ランニング体験から見える風景を語ります。

 

[寄稿]猪子寿之『「祈り」展』のこと

チームラボ代表・猪子寿之さんによる寄稿。世界がコロナ禍で閉ざされる中、チームラボは、高野山三宝院で収録した「祈り」の声を「書」にしたアート作品を創りました。その創作に込めた思いを猪子さんが語ります。

 

書誌情報

価格 3,080円(税込)
※公式オンラインストアでは解説集つき3,200円(税込)にて販売中
ページ数 320頁
判型 B5変型版
発行 PLANETS/第二次惑星開発委員会
ISBN 978-4-905325-18-5

 

お問い合わせ

本誌に関する取材やイベントのご相談、書店さまのお問い合わせはこちらからお願いします。