ようこそ
「遅いインターネット」へ

もういちど、ネットを「考える」場にするために。
あたらしいウェブマガジンを、はじめます。

こんにちは。

白土晴一さんによる連載
「東京そぞろ歩き」を公開しました。

今回は多摩川流域の昭島市に足を伸ばして、
都市計画家たちが思い描いた
ニュータウンの夢の跡を探り/歩きます。

ここ最近に更新した記事の一覧です。
とりあえずはここから読んでください。

これまでの特集記事です。
まとめて読んでみてください。

僕はこの本で
「国民国家は歴史=物語を必要とするが、
都市はむしろ歴史=物語を不要にする」
という趣旨のことを書いています。

「都市はナショナリズムを超克し得るか」
『PLANETS vol.10』より
福嶋亮大