ようこそ
「遅いインターネット」へ

もういちど、ネットを「考える」場にするために。
あたらしいウェブマガジンを、はじめます。

こんにちは。

三宅香帆さんの連載

「母と娘の物語」を更新しました。

『逃げ恥』『違国日記』『凪のお暇』といった

コンテンポラリーなフィクション作品を手掛かりに、

2010年代の〈娘〉の成熟像について分析します。

編集部のおすすめ記事

ここ最近に更新した記事の一覧です。

これまでの人気記事はこちら

 

これまでに更新した記事はこちら。

 


更新のお知らせが届くLINEの登録はこちら。

 

 

 

 

「遅いインターネット」はPLANETS CLUBの皆様のご支援によって、閲覧数を一切気にせず、いま本当に必要なこと、面白いと思えることを記事にすることができています。PLANETS CLUBでは、宇野常寛が直接指導する「宇野ゼミ」、月イチ開催の読書会など、たくさんの学びの場を用意しています。記事を読んでおもしろいと思ったらぜひ入会してみてください。(詳細はこちらのバナーをクリック↓)

僕はこの本で
「国民国家は歴史=物語を必要とするが、
都市はむしろ歴史=物語を不要にする」
という趣旨のことを書いています。

「都市はナショナリズムを超克し得るか」
『PLANETS vol.10』より
福嶋亮大